So-net無料ブログ作成
旅行 海外 ブログトップ
前の10件 | -

イタリア 行った!見た!食べた!【終】 [旅行 海外]

旅行最終日は朝からもう空港へ移動です
朝ご飯から戦場です
結構大きいホテルなのですが、朝食会場が狭い!
私たちが降りていったときには既に長蛇の列
ロビーで食べているお客さんもいたりしました
まあ、それでも何とか席を確保して食べましたが....(^_^;)

荷物をバスに積んで空港に向けて出発です

イタリア316.jpg

ローマ・レオナルド・ダ・ヴィンチ空港です

イタリア317.jpg

ここで帰りのチケットを受け取るのですが
ツアーの半分くらいはアブダビから東京までのチケットが発券されず
「アブダビで発券しますから大丈夫ですよ」と言われても、やっぱりちょっと心配
でも、今回は添乗員さんがいます!心強いです!

帰りもアブダビ経由のエティハド航空利用です
ローマからアブダビまではコードシェアでアリタリア航空で飛びます
朝が早かったからなのか、出国手続きがかなり混雑してました

帰りのアリタリア航空も、クルーは殆ど男性
女性は2名だったかな?
行きも帰りも男性クルーだったのが、かなり新鮮でしたよ

アリタリア航空のお昼ご飯
私はパスタを選択

イタリア318.jpg

パスタも美味しかったのですが、付け合わせの野菜のグリル
これが美味しかったのですーーーーーー(≧▽≦)

あ、そう言えば食事の前に飲み物とスナックが出てた様な気が....
まあいいでしょう
お腹いっぱいになったので一休みします グーグー
一休みしたら、軽食の時間になりました
えっっ?もう?
まだ前の食事、消化してないんですけど.....

来たのはこちら

イタリア319.jpg

お、おぉ~~見た目と裏腹、ずっしり重いよ(^_^;)
どうしよう
暖かいうちに食べた方が美味しいに決まってる!
でも、それ程お腹は空いてない...さて どうしよう
と悩んでいるうちに周りは食べ始めます
すると美味しい匂いがしてくるじゃないですか!
ま、いいか 食べるか!

中はほうれん草のピザ風味
これがまた美味しくてーーー
結局ペロリと完食しちゃいました(^_^;)

アブダビ到着
帰りに時間があったら買おうかな~と思っていたお菓子があったのですが
じっくり見ている時間が無い!!
水買ってトイレ行って...なんてやってたらもう集合時間になっちゃいました
ちゃんと旅程表見てないのがバレバレです(^_^;)
まあ、ムダ使いしないで済んだと思えばヨシ!かな

帰りは真ん中の席だったので外は見えません
ちょっとガッカリしたのですが行きに見えたので我慢ガマン

イタリア320.jpg

そうそう!ルートマップは見れるかしら?
外が見れない上に、行きのようにマップも見れないんじゃ悲しいもんねぇ
とチャンネルを合わせると.....良かった 見れる(^_^)v

イタリア321.jpg

必ずメッカの方向と距離が表示されるのが新鮮でした

イタリア322.jpg

ここからは時差ぼけを少なくするため日本時間に合わせていきます
まずは映画見ないとね~~~
丁度「インフェルノ」があったのでそれをまず選択
行ったばかりのフィレンツェが舞台なので面白さも倍増です
インフェルノ、思ったよりあっさりしてました
もっと頭を使って見ないといけない映画なのかと思ってたんですがそうでもなく
えぇぇっっ!?といどんでん返しがあるわけでもなく、分かりやすかったねぇ

帰りは映画見てゲームやって映画見て....食事して(*^_^*)
あ、そうそ 映画見てる時に、たまにクルーさんがお菓子を配ってくれるのです
チートスみたいなのとかおせんべいっぽいモノ(あられとか柿の種みたいなの)
それとお水も配ってくれました

と言うことでまずは夕飯のお時間
しまったーーー!撮り忘れた
チキンを頼んだのですが 撮り忘れました
白いのはお米のデザートでした 美味しかったですよ

イタリア323.jpg

ダンナの和食

イタリア324.jpg

そして翌朝の朝食

私はブレッド
ベリーソースが甘酸っぱくて美味しかったです

イタリア325.jpg

ダンナは和食
なんと!朝粥です
おみそ汁にも具があります

イタリア326.jpg

これは良かったですよ
次にエティハド利用の時は朝粥にしようって思っちゃいました

朝ご飯が終わると、そろそろ成田に到着です
これで本当に旅行が終わります
あっという間の8日間
初めての中東エアライン、初めてのアブダビ
こんな機会がなかったら絶対使わないだろうと思うので
いいチャンスをくれたこの旅行に感謝です

そして....
やっぱり英語は必須ですね
分かってましたが、分かってませんでした
旦那はこの旅行がかなり気に入ったらしく「同じ旅程でも行きたい」と言い出す始末
良いことではありますが、いろいろね そう簡単には行けませんよ
また行けたら....

そして今回添乗してくださったHさん
ホントにお世話になりました
そして有り難うございました
すっっっっっっっっっごく楽しい旅でした
また一緒に旅行へ行けることを祈ってます

長々と続いたこの旅行記もこれで終わりです
内容が全く無くて、旅の参考にもならないかもしれませんが
ま、しょせん「ジブンのための備忘録」ですんでお許し下さいませ(^_^;)

それでは 読んでくださってありがとうございました

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【8】 [旅行 海外]

さてイタリアの続きです
システィーナ礼拝堂を出てサン・ピエトロ大聖堂の中に進みます

イタリア239.jpg


イタリア240.jpg

イタリア241.jpg

大聖堂に入るところにあった像
表情が好きだったのでパチリ

イタリア242.jpg

広場を一枚

イタリア243.jpg

大聖堂へはいる為の列がものすごいことになってました!
これ、一体何時間並ぶの?って位に並んでました

聖なる扉
25年に一度開けられるそうです

イタリア261.jpg

さて私たちはチェックがないのでスルスルと入っちゃいますよ(^_^)v

イタリア245.jpg

イタリア246.jpg

入りました!
あ、そうそう!こんなだった!

イタリア247.jpg

ってことは、右に行くとピエタがあったよね~
あったよね~~ あった...お?! ガラス張り?
前もガラス張りだったっけ?
確か真下まで行った様な気がしてたんだけど...あれ?
ま、とりあえずピエタです
スゴイ人気でした

イタリア248.jpg

聖セバスティアヌスの殉教

イタリア249.jpg

聖ペテロ

イタリア250.jpg

そしてなんと言ってもベルニーニが作ったと言う大天蓋
....
大天蓋の全体写真がブレブレボケボケでした(>_<)
なんと言うこと!
天蓋の部分だけでも...

イタリア251.jpg

イタリア253.jpg

この4本のクネクネした柱が特徴的なんですが...
当時、このデザインはどうだったんでしょう?
奇抜な感じがするのは私だけですかね(^_^;)

下は聖ペテロのお墓があります

イタリア259.jpg


そして天蓋の上にはミケランジェロが作った大円蓋

イタリア252.jpg

聖堂の一番奥にあるのが、法王様のお座りなられるところです
ベルニーニの作った「聖ペトロの司教座」
暗くて見づらいかと思いますが、椅子の足は4人の博士だったかな?が持っているのです

イタリア254.jpg


床にも紋章

イタリア256.jpg

教皇アレクサンデル7世の墓碑
足下の入口は、歴代教皇の地下墓所入口だそうです

イタリア255.jpg


そしてやっぱり床にあるモノが気になる私(^_^;)

イタリア257.jpg

イタリア268.jpg

イタリア260.jpg

イノセント12世の墓

イタリア262.jpg

サクラメント礼拝堂
なんか、他とちょっと違う雰囲気です

イタリア263.jpg

ラファエロの変容...に見えますが...

イタリア258.jpg

無原罪の御宿り

イタリア264.jpg

他にも沢山の絵画や彫刻、墓碑などあるのですが
誰作のどなたのものなのかも分からず(^_^;)
こりゃ一度じゃ見切れません
ちゃんと予習していかないとダメですね(←実感)

そしてやっぱり床が気になってしまう私(^_^;)

イタリア265.jpg

イタリア266.jpg

イタリア267.jpg

さて外に出ましょう

スイスガード
これになるには、色々な資格が必要でなかなかに狭き門だと聞きました

イタリア269.jpg

この方達がいるのはこちら

イタリア270.jpg

大聖堂を出て広場に出ます
片隅にあったバチカンのポスト

イタリア271.jpg

何か催しがあったのか、これからあるのか?
椅子がぎっしり並べられてました

イタリア272.jpg


さあ次はローマ市内へ繰り出しますよ!
...しつこく続きます(^_^;)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【7】 [旅行 海外]

長々とダラダラと続いてきたイタリア日記ですが
やっと最終地&最終日のローマまで辿り着きました
良ければもう少しお付き合い下さいませ

さて ローマ最終日は終日フリー
この日の予定は午前中バチカン美術館見学、午後はローマの休日散策
そこで問題だったのが午前中のバチカン
見学自体はオプショナルツアーを申し込んで置いたのでチケットの心配はナシ!
じゃ何が問題だったのかと言うと....

どうやって集合場所まで行くか?

前回もお話した通り、私たちのホテルは市内より空港に近い場所にありました
と言うことは....慣れない私らにはかなりハードルが高いってことです
8時半にチプロ駅集合
うん、集合はOK 駅だし、出て直ぐのトコだし問題なし
が、しかし8時半
月曜日の朝8時半に駅まで行くのか...う~~ん 時間が読めない
マップで検索すると、まあ当然ながらバスもしくは鉄道をオススメします
バスねぇ ホテル前から出てるけど一本じゃ行けないっぽいし
それこそ時間が読めないのがねぇ
しかも7時前には出ないとダメみたいな案内だし
電車だと、最寄り駅までは徒歩20分ほど
ローカル線とはいえ空港線なのでそれなりに本数はある様子
これで地下鉄乗り換えで行くか....
ま、これにしたってバスより早い出発ですからねぇ
で、順に検索結果を見ていったら一番下に「Uber」のお知らせ
あ!そうか!これに登録してタクシーでもいいか
安心だし、お金のやり取りもないし行き先をわざわざ言わなくて良いし、いいかも!
いざとなったらこれにしよう!もうお金で解決だー!

蓋を開けてみたらですね....(事前旅行連絡で添乗員さんから電話が来た)
他にも行く人が居た(計8人!)
ホテルから途中の共和国広場までは送りのバスが出る
ただしホテル出発は6時半(カプリ島観光の人と一緒な為)

そうですか!出るんですか!いや 途中までとは言えとても有りがたい
もちっと早く言って貰えればあれこれ思い悩まずに済んだんですけどねぇ
いや、もうバスを出して頂けるなら文句言いませんよ はい(^_^;)

あら?としたら朝食は抜きかしら?
いやいや ちゃんと「全日程朝食付き」ですよ
袋に入れて朝食セット(要はお弁当だ!)を用意してくれてました
これがですね、意外と(って言ったら失礼ですが)良かったんですよ!

イタリア191.jpg

さてバチカン組とカプリ島組を乗せてバスは一路共和国広場へ

イタリア192.jpg

イタリア193.jpg

こういう風景が普通にある町ってスゴイよなあと思いながら
30分...40分弱位だったかな?それほど渋滞もなく到着
広場へ付くと男性のガイドさんが待ってました
「島へ行く人はこっち...え?バチカン?そこから地下鉄で行って!」
あはははは あっさりしてますね、はい 行きます行きます
とりあえず、バチカン組は固まって移動です
チケットは事前に昨日の夜、買って置いたので入場するだけ
駅は6個目なので10分程度であっという間に着いちゃいます

改札を出て集合場所へ向かいます
この時点で実はまだ8時になってません(^_^;)
まあ、まずは一旦集合場所へ....と言うことで向かうと東洋系の人がチラホラ
どう見ても中国か韓国なんですけど、一応念のため聞いてみるかと近づいてみたら
いきなり「日本人?ここじゃない! あっち!!!」と怒られ...
はい?ワタシ、まだ何も聞いてないんだけど???
う~~ん.....聞かれるんでしょうね きっと毎回(^_^;)
分かるけどあの態度はどうかと思うな

とりあえずまだ時間があるので、若い人たちは散策へ
私はこれからの為に体力温存
8時を回ると、他の参加者も集まってきました
程なくガイドさんも到着
あ、なんか楽しそうなガイドさんだわ(*^_^*)
参加者確認をしていざバチカンへ受けて出発ー!
通勤客に逆行しながら進むこと5分ちょっと
坂を上ったところにいきなり大勢の人だかりが!

イタリア195.jpg

イタリア194.jpg

ここですかー!!
まだ9時前ですよ?皆さん早いですねーーー(←私らもな(^_^;))
それでも、チケットはあるのでスイスイとまでは行かなくとも並びはしましたが順調に入れました
余談ですが、この入口
私は一瞬「ピラミッドの入口か?」と思ってしまいました(^_^;)
ほら、何となくクフ王のピラミッドへ入る入口に似てません??
....失礼しました

さ、いざ入国!手荷物検査とボディーチェック!良し!完了
その後はガイドのイヤホンを受け取り、一度屋外に出ます

イタリア196.jpg

イタリア197.jpg

ここでシスティーナ礼拝堂の天井画や美術館の主な絵画パネルを見ながら説明を受けます
このシステム、なかなかいいです
何にも知らないでただ見て回るより、最低限見るべきポイントを事前に学習できる!
するとしないのとでは雲泥の差がありますからね~
そして、途中トイレはないのでトイレも済ませます
準備OK?じゃ出発です

巨大な松ぼっくり?の前を通り

イタリア198.jpg

キアラモンティ美術館の作業中の通路を横目で見ながら

イタリア199.jpg

はたまた外の景色なんぞも見ながら

イタリア200.jpg

シモネッティ設計の「八角形の中庭」(ベルヴェデーレの中庭)へ向かいます

イタリア201.jpg

ここはギリシャ彫刻が中庭をぐるっと取り囲んでいるのですが、必見はラオコーン像

イタリア202.jpg

次の「ミューズの間」へ向かう通路には細かいモザイクが...
これ、1cm各の石を敷き詰めて作ってるんですよ
こんな根気の要る作業、せっかちな私には到底ムリです(^_^;)
それにしても緻密でスゴイです

イタリア203.jpg

イタリア204.jpg

そしてミューズの間
天井絵が圧巻!

イタリア205.jpg

イタリア206.jpg

その先には「円形の間」があります
中央には赤大理石の一枚岩で作った円盤
ガイドさんは「個人的には風呂で使ったんじゃないかと思ってます」とのこと
あ~~なるほどね

イタリア207.jpg

イタリア208.jpg

イタリア209.jpg

次は「ギリシャ十字の間」
床にはアテネのモザイク

イタリア210.jpg

コンスタンティヌス帝の娘(コンスタンティア)の赤大理石製の棺

イタリア212.jpg

それとコンスタンティヌス帝の母ヘレナの棺

イタリア211.jpg

なんか、お母さんのは勇ましいレリーフです(^_^;)
「ベガの間」は入れないので入口で一枚

イタリア213.jpg

次は「燭台のギャラリー」
燭台の彫刻も見事ですが、ここは天井画が素敵でした

イタリア214.jpg

イタリア215.jpg

勿論、通路の床も!です

イタリア216.jpg

そして「タペストリーのギャラリー」が続きます
ここでは面白いタペストリーがあります
部屋の出口近くにあるのですが..まずこちら

イタリア217.jpg

写真がブレブレで申し訳ないのですが....
このキリスト、目が見る人を追いかけてきます
ディズニーランドでもおなじみですが、こちらは遙か昔のタペストリー
そんな前からこの様な技法があったなんて驚きです

そしてもう一つはこちら
歩きながら見ているとテーブルの向きが変わるのです!

イタリア218.jpg

タペストリーですよ?
どういう仕掛けなんだかサッパリ分かりません(^_^;)

次の部屋は見るも豪華な天井がある「地図の間」です
イタリア各地の地図がズラーーーっと並んでいます

イタリア219.jpg

イタリア221.jpg

イタリア222.jpg

イタリア220.jpg

さあお待ちかね、ラファエロの間です
まずはインマコラータ(無原罪)の間
無原罪の御宿りをテーマにした部屋です

イタリア223.jpg

次へ...と思ったらいきなり外に...

イタリア224.jpg

外周を回って次へ
一部修復中(白布がかかっていた)だったコンスタンティヌスの間

イタリア225.jpg

イタリア226.jpg

次はヘリオドロスの間
「ボルセーナのミサの奇跡」
ユリウス二世が描かれています
イタリア227.jpg

そして「聖ペテロの解放」

イタリア228.jpg

天井画も鮮やかです

イタリア229.jpg

「大教皇レオとアッティラの会談」

イタリア230.jpg

さてさて来ましたよ「署名の間」
まずは「聖体の論議」

イタリア231.jpg

そして「アテネの学堂」

イタリア232.jpg

最後に「ボルゴの火災の間」
部屋の名前にもなっている「ボルゴの火災」
イタリア233.jpg

 「カール大帝の戴冠」

イタリア234.jpg

ここも豪華な天井画

イタリア235.jpg

さあシスティーナ礼拝堂へ向かいますよ(*^_^*)
前回、修復中で行けなかった礼拝堂です
そりゃあもう、ワクワクしながら礼拝堂へ入ります

なにこれ!すごい....
いきなり目に飛び込んでくる天井画
圧倒される迫力です
あ!いけない!!後ろ後ろ!
忘れずに振り返ってくださいね!!とガイドさんにきつく言われてました(^_^;)
最後の審判です
どひゃ~~ これはまさに筋肉祭(^_^;)
うんうん、女性なのに筋骨隆々だね~ ホントだ
礼拝堂内は私語厳禁ということでしたが、結構話し声は聞こえていて
たまにサイレーーント!」と放送が入ったりして苦笑い
たまに写真を撮ってる人もいて、即座に係員が飛んでくる辺り厳重なんですねぇ
しかし、この部屋 天井部分ばかり見ることになるので首が首がーーーー!
実は翌日まで首が痛かったんですよ トホホ

さて礼拝堂見学が終わると二つのルートが用意されています
左の出口から出ると、美術館入口に戻ります
そう、ここを使うと一日中美術館を堪能出来るのです!
もう一つは左側の通路を使って大聖堂へ抜けることが出来ます
この道を進むと美術館へは戻れません
が!大聖堂へ入る際のセキュリティーチェックは免除されるので楽です
さてどうしよう
実は、私、見たいものがあったのですがそれは美術館の入口にあります
一人なら迷わず戻る方を選択するのですが、今回は旦那もいるし
結構歩いたので疲れた様な感じにも見えたので止めようかと思ったのですが
いや、今度はいつ来れるか分からない!
っていうか、来れるかどうかも分からない!
旦那には申し訳ないけど、やっぱ戻るよ私
何なら、ここでちょっと待ってて貰ってもいいけど....と提案
でも、旦那も次はないかもしれないから見てみたい!と言ってくれたので振り出しに戻りました

戻る通路からクーポラが見えます

イタリア236.jpg

そして戻ってきて何を見たかったのかというと...
この螺旋階段

イタリア237.jpg

今は一方通行で、降りちゃうと美術館出口になってしまうので降りれません
いや、終わりにしたければここから出れますけど
私たちはこの後大聖堂へ向かうので、上から覗いて終わりです
それにしてもなんて美しい螺旋階段なんでしょう
昇りと下りが交互に重なっているのですが、あたかも一つの様に見えるのです
やっぱ見に戻って良かった

ここでトイレ休憩を取り
折角なのでバチカンから絵はがきを出しましょうということになり絵はがき購入
切手は法王様のお顔がーーーー!
届くのが楽しみです(*^_^*)

イタリア238.jpg

さあ振り出しに戻ったわけですから、また礼拝堂まで戻らなくてはなりません
本当はピナコテーカも見学したかったのですが....
後が詰まってるので行きませんでした
次回、行くことがあれば次は必ず行きたいと思います
スゴイ人数の見学者の間をすり抜け、時に「見ないの?」という視線を浴びながら
また礼拝堂に戻ってきた私たち
もう一度見学してから右奥の出口から大聖堂へ向かいます

...あら 思ったより長くなったので大聖堂は次回
この回で終わるかと思いきや、恐らくあと2回...もしくは3回続くかも(^_^;)
スミマセン スミマセン!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【6】 [旅行 海外]

フィレンツェ半日観光終了後はローマへ向かいます
途中、休憩時にお昼を食べることになっていたのですが...
う~~ん 今回、ここは何というか...ここだけは...
お昼は運転手さんオススメの美味しいトコがあるみたいなので、そこ行きま~す
ってことだったので、ちょっと期待してたのですが
行ってみると閉まってる
運転手さんが様子を見に行ってくれる
2時から開けるってさ~と...
え?2時?まだ先じゃん
でも、運転手さんの労働基準で休憩は取らねばならない
....待ちます 待ちます
で、やっと開いたので入ってみるとそこはお土産屋
まあ、これは良くあることよね
お店の人の流ちょうな日本語解説を聞き、やっとお昼~と思ったら!
え?食事はやってない?え?ドウイウコト??
あるのはコーヒーとパッケージに入ったツナサンドのみ
なんじゃそりゃ?仕方なくサンドイッチを食べてると
先ほどの販売員さんが試食品のハムやチーズでパニーニ(冷)を作り始めました
値段を聞くと3ユーロ
...でも、「ここで食べないとローマまで断食
ま、いいかと買って食べてたところ
レジにいたお店のオーナーとおぼしき女性が運転手に現金を渡しました
うん、だよね そりゃマージン渡すよね そりゃそうだ 
ま、ちょっとは客に見えないようにやってくれよ!と思ったりはしましたがそれはそれ
でも、そのあと運転手さんと目があったときの顔で....一気に不信感ドーン!
はいはい、私たちはどうせカモですよ はいはい(-_-)

沸々と怒り...というかガッカリ感というか...楽しい気分が急降下した瞬間でした

バスに戻り、もうこのことは忘れよう!引きずってたらもったいない!と思い直し
....でも、未だに引きずってるんですけどね はははは

実はバスの運転手さん、フィレンツェから別の方に変更になったんですが
運転手さん自身はとても気さくで陽気な方で好印象だったんですよ
なので、逆にガッカリ感が大きかったのかと思ってみたりするのですが

ま、いいや もう

さて 気を取り直してローマです
トーマに近づくと、景色に笠松が現れてきます
そうそう!ローマと言えばこの松の木よね!!
と車窓を見ていたその瞬間

は?戦闘機??

車の廃棄場に戦闘機が1機捨てられてますよ
はいぃぃぃぃ???
あっという間に過ぎちゃったんで機種までは特定出来ませんでしたが
普通に捨ててありましたけど??
偽物って感じはしなかったのですが...果たしてあれはなんだったのか?(^_^;)

さてローマ着
5時にガイドさんとコロッセオ待ち合わせです
この時間なので、日も落ちかけてますがまずはコロッセオ観光

イタリア175.jpg

イタリア177.jpg

イタリア176.jpg

イタリア179.jpg

イタリア178.jpg

...さすがローマ、人が一杯(^_^;)
中国人も一杯(^_^;)
写真を撮ろうと思っても避けようがないです
そうそう、この日はキリストの父の日だそうで
揚げたシュークリームみたいなのを食べるのよ~と教えて貰いました へぇ~

一旦バスへ戻り、次はトレビの泉へ
おぉ~~~ 水がある!!(泉なので水はあるのが当然なんですが!)
前に来たときは清掃中で水はなく、モップ持ったおじさん達がせっせと掃除してたんですよ
なので、今回初めてちゃんと水が流れてるのを見た次第
旦那と交代でコインも投げました
...ちゃんと入ってるといいな...(^_^;)

イタリア180.jpg

ここでちょっと時間があったので、夕方でちょっと肌寒くなってきましたが
ジェラートタイムです(^_^)v
えぇ 隙あらば食べますよ? ほほほほほ
う~~ん美味しい♪

イタリア181.jpg

次は共和国広場まで移動です
この広場のすぐ側にローマ三越があります
そこでまたお買い物タイムがあるのですが....
ここ、日本円も使えますよ~と日本語もちゃんと通じますから安心ですよ
休憩所は無料wifi好きなだけ使えますよ~と なんか、ちょっとホッとしました
ここで一旦フリータイムになるのですが、夕飯どうしよう?
ここはひとつガイドさんに聞いてみるか!と思って聞いてみたところ
ホントにすぐ側にあってリーズナブルで美味しいお店

ゼウス

イタリア185.jpg

半地下みたいになってるお店なのですが、通りから中も見えるし
よし!じゃ思い切って入ってみるぞ~~~
ふとドアを見ると「JTB」の文字発見
あ、ここって日本人御用達みたいな感じなんだね なら安心だわ
店内に入るとツアーの母子発見! やっぱ来てたのね(*^_^*)

さて 何を頼みましょうかねぇ~とちょっと他のお客さんの食事を見てみると
あら、サラダピザ美味しそうだわ じゃ私それね
旦那は手長エビのパスタ、それと季節の野菜グリルも注文
ワクワクしながら待つのも楽しいね~と話していたところにピザ到着

イタリア182.jpg

でかっっっ!

一人分だよね?
でかっっっっっっ!
まだ上がサラダだからいいけど 
あ、でもめっちゃ美味しい♪

旦那のパスタも量、多め
しかも生パスタ!
モチモチしててうまーーーーーーーーっっ!!(≧▽≦)

イタリア184.jpg

野菜のグリルはズッキーニとナスとトマト
これも野菜の甘みが出ててすんごく美味しい(*^_^*)

イタリア183.jpg

満足満足デザートいかが?と聞かれましたが、もう入りません
旦那がコーヒーだけ注文
満腹満腹!

さて集合時間も近くなったことだし、また広場へ向かいましょう
集合場所は広場にあるイータリーというお店の前です
ちょっと時間があったので店内を見て回りました
ここは高級食材店、なのかな?縁が無さそうかしらね~と思っていたら
ショーケースにあった美味しそうなスイーツ発見!!!
大きいし、まだお腹いっぱいだったので一つ買って帰りました

さてさて お宿はローマの市街、と言うより空港にほど近いといった方が正解?
イビス系列のホテルでした

イタリア190.jpg

イタリア186.jpg

イタリア187.jpg

イタリア188.jpg

お風呂タイムも終了し、じゃあさっき買ってきたの食べましょうかね~
MARITOZZOというものなのですが....

イタリア189.jpg

平たくいえばパンに生クリームが挟んである物、です
もう一つ、上にココアパウダーが掛かってるモノもあったのですが、シンプルなモノをチョイス
これ、画像じゃ分からないかと思いますが結構な大きさがあります(^_^;)
うきうきしながら旦那が一口
ん?という表情
あれ?ダメだった???
「クリームは甘くなくてサッパリしててめっちゃ美味しいんだけど...」
じゃパンがダメか(^_^;)
私も一口
あ、パンが残念!!!
ブリオッシュ....じゃないのかな?違うのかな?
パサパサというかボソボソというか....クリームが美味しいだけに残念感が(-_-)
期待してただけにねぇ
それでは、残念感とともにお休みなさい
明日は6時半出発ですよ!

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【5】 [旅行 海外]

今日は午前中はフィレンツェ観光
そして午後、旅の最終地ローマへ向けて出発です
が....
夜明け前、窓の外がちょっとガヤガヤしてて目が覚めました
何時?え?4時前じゃん!なに?
と思って外を見ると...

え...もう出発しようとしてるグループがいるよ!
3時台だよ?もう4時近いとは言えまだ3時台よ?
早すぎるでしょーー
欧州の方々なのか、はたまたアメリカ近辺からのツアーなのか
この時間に出発ってことは何時にモーニングコール?
ってか、モーニングじゃないよね?朝じゃないもん
うわ~~~ムリムリ

と一瞬のうちに「自分にはムリ」宣言をして再び布団に潜り込んだのでした
いや、スゴイよ あれは(^_^;)
そうは言っても、日本のツアーもたいがいなものなんでしょうけどね

さてさてこちらはホテルを7時半に出発です
今回のツアー、皆さん時間厳守(というか5分前行動が行き届いてますよ!)
一回も遅れることなく予定通りにサクサク進むのが有りがたいです
が、今日は定刻通りに市内へ到着して貰いたいのです
8時にはバスを降りたいのです!
なぜなら

ウフィツィ美術館の入場予約をしているから!!

前日、ガイドさんに「早く着くこと!とりあえず早く着いてチケットの引き替えをすること!」
と強く言われていたこともあり、ワタシ的にはもうドキドキしながらバスに乗ってました
しかも、降車地は駅近く
前日も同じ集合場所だったのであらかじめ下見は出来たのでその点は良かったのですが
美術館までは結構な距離がありまして...(^_^;)
私一人ならダッシュ!でも構わないんですが、ダンナが一緒ですので気を遣います
とりあえず、事前に「着いたらダッシュします!」とガイドさんに断っておき
尚かつ、帰りの集合場所も前もって聞き、用意万端!
8:05着!よし!上出来!
じゃ、△△行きま~~~す!とアムロのごとく言い残して美術館へ!
すると後ろから同じツアーのお嬢さん2人も...
「何時の予約?え?8:30???ひゃ~~私たち8:45だから構わず先に走りなさい!」
途中で姿が見えなくなったので、たぶん、近道に行ったんでしょう
私たちは迷ったらシャレにならないので、若干遠回りでも確実な道を行きます
結果、20分過ぎにチケット窓口に到着
早いけど、引き替えてくれるかな?と心配しながら予約表を出すとあっさりチケットを渡してくれました

イタリア162.jpg

ありがたや~~~~~~ じゃ入場1番の列に並びましょう
としていたところに、また先ほどとは別のお嬢さん方が...
「今ならチケット売り場も空いてるから入れそうよ?」
と、ここで間違って予約有り(3番窓口)を教えてしまいまして...ゴメンなさい!
すぐ戻ってきて当日券売り場に並び直していたのでよかったんですけど
その後、ボディーチェックで再会
すぐ入れて良かったねーと話していたら、先に予約をしていたお嬢さん方とも再会
あ~~良かった! みんな楽しんできてね

え?ダンナはどうしてたかって?
とりあえず、迷子にならないよう必死に着いてきてましたよ(^_^;)
万が一迷子になっても、昨日散々通った道なので辿り着けるだろうとは思ってたのですが
本人的には「絶対ムリっっっっっっっっっ!」だと思ったようで、必死だったみたいです

なんとかボディーチェックも済み、さあ見学開始です
さすが、朝イチとはいわずとも朝早く入ったので空いてます

イタリア163.jpg

とりあえずダンナに見せるべく有名絵画は空いているうちに見る!と思っていたので
30年前の記憶を掘り返しながら、またもや....小走りです(^_^;)

フィリッポ・リッピ
「聖母子と二天使」

イタリア164.jpg

ピエロ・デッラ・フランチェスカ
「ウルビーノ公夫妻の肖像」

イタリア165.jpg

ボッティチェッリ
「ヴィーナスの誕生」

イタリア166.jpg

ボッティチェッリ
「春(プリマヴェーラ)」

イタリア167.jpg

ミケランジェロ
「聖家族」

イタリア168.jpg

ラファエロ
「ひわの聖母」

イタリア169.jpg

フーゴー・ファン・デル・グース
「ポルティナーリ祭壇画」

イタリア172.jpg

ラファエロ
「自画像」

イタリア170.jpg

ティツィアーノ
「ウルビーノのヴィーナス」

イタリア171.jpg


ひと通り見て回ったかな?と思いながらも何か見てない...なんだろ?
....!!ダビンチの受胎告知だ!
急いで戻ります
戻りますが....あれ?確か前は15室だったと思ったんだけどなあ
おかしいなあ 隣?でもないあれあれ?
グルグル何度も行ったり来たり、でも無いモノは無い
仕方なく係員に聞いてみたところ「展示室が移動したよ」とのこと
なるほど!無いわけだ!
「下の階にダビンチ部屋を作ってそっちに展示してあるから」
あら!階数自体変わっちゃったんだ!
ありがとう!!
は~~~やっと辿り着きましたよ
私、これがダビンチの絵画では一番好きかも
というか、受胎告知の絵画の中でも一番好きかも

イタリア173.jpg

ちなみに、ダンナが一番気に入った絵はこちら

イタリア174.jpg

さて これで一通り見学しました
ふと時計を見ると2時間ちょっと経過してました
おっと!タイムリミットが近いです!
ミュージアムショップも見てみたかったので、これにて見学は終了です
あ~~~走ったなあ(←走るな!)

集合場所は駅の構内にある薬屋さん前
40分ほど時間があったのでちょっとだけウインドーショッピング
ダンナは気になっていたピストル型のUSBを悩んだあげくお買い上げ
うん、旅で出会ったモノは即買いしないと、もう買えないからね~
悩んだら買う!だよ(^_^)v

集合場所には一番乗りだったので、ダンナはちょっと付近を散策
帰ってきて開口一番
「さっき、10代っぽい可愛い女の子に肩叩かれてさ~
何かと思って振り返ったら、いきなり何も言わず””お金頂戴”みたいに手を出されてさ~」
えええええ?まさか、あげたりしてないわよね??
「もちろんあげなかったけど、いやビックリしちゃったよ」
うん、確かにそりゃビックリするだろうね
何でも、ホントに普通にというか当然のように手を出してきた感じだったそうな
その後、警官が来て注意してたらしいんですが...
若い子の物乞い。日本じゃ考えられないですよね うん(^_^;)
なかなかいい経験したと思うよ

そうそう、昨日も気になったんですけど、今朝も気になったここ
駅の構内にある交番なのかいわゆる鉄道警察隊みたいなところの詰め所なのか?
そして何よりダンナがきになったのは乗り物
かわいい...

イタリア160.jpg

イタリア161.jpg

そうこうしているうちにメンバー集合完了
バスに戻ってローマに向かいます(*^_^*)

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【4】 [旅行 海外]

4日目はフィレンツェへ移動です
ヴェネチアから4時間、バスの旅
道中の風景も楽しみの一つなんですけど
年なんでしょうか、乗ったら途端に夢の中へ~~~
またまた気づいたらトイレ休憩だった、と(^_^;)
そうそう、休憩に寄ったトイレですが、なんと便器に便座が有りませんでした
一つだけかと思ったら、全てに付いてない!
なぜ?壊される?取られた????
ツアーのお嬢さん達も
「え?何で?意味分かんない!」と困惑気味
しかし、使わねば....エア便座 わははははは

さて そんなハプニングもあり~の、でフィレンツェ到着
アルノ川沿いのピアーヴェ広場でバスを降りました

イタリア107.jpg

対岸を見るとミケランジェロ広場が見えます
ここは今回残念ながら行きません
前回、夕暮れ時に広場からフィレンツェの町を見たのですが
それはそれは綺麗な、絵はがき通りの町並みが見れて感激したのを覚えてます

イタリア108.jpg

さて ここから目指すのは....ツアーには付き物のお土産店
中央図書館を通り過ぎ

イタリア109.jpg

サンタクローツェ教会の前を通ってお店へ行きます

こちらの教会にはジョットのフレスコ画やらミケランジェロ、ダビンチのお墓があります
中に入りたかったのですが、時間に余裕が無くて今回はパスしました
次回、チャンスが有れば見学してみたいところです

イタリア110.jpg

イタリア111.jpg

イタリア112.jpg

イタリア113.jpg

広場を抜けたところにお店があるのですが、まずそこで現地ガイドさんと合流
そして店内にて革製品の説明を受け、お買い物タイム
私たちは買わないので教会広場前にあったジェラート屋さんに向かいます
私はミルク&マンゴーのジェラート、旦那はカプチーノを注文
この日はとても良い天気で気温も高く、ジェラートを食べるのには最適なお天気でした(^_^)v
いや~~ホント美味しいよ!ジェラート!!

イタリア159.jpg

さて再集合して、今度はガイドさんの案内を受けながら市内観光です
サン・フィレンツェ教会の前を通り

イタリア114.jpg

イタリア115.jpg

シニョーリア広場へ向かいます
おおおお そうそうここ!ここだわ!
今は市庁舎となってるヴェッキオ宮

イタリア116.jpg

コジモ一世像

イタリア117.jpg

一通り見てウフィッツィに進みます
入場はしないので、こちらも説明のみ
私は翌日美術館へ行くので下調べです
念のためガイドさんに入場方法などを確認させてもらいました ありがたや~~
そしてポンテベッキオを見てシニョーリア広場へ戻り大聖堂へ向かいます
オルサンミケーレを過ぎたところでガイドさんが
「王道の道もいいけど、脇道の方が面白いのよ」といいながら右側の路地へ
入って直ぐ右側にあったジェラート屋さんを指して「ここ、オススメ」
その先にある小さいチマトリ広場に屋台が出てまして、そこも
「ここのモツ料理はちょっと有名なのよ!美味しいから食べてみて」
そしてその先にもまた小さい広場に出るのですが、そこには円形の古い建物が...

イタリア118.jpg

「ここはね、パリャッツァの塔と言って昔女囚用の牢でした
今はオシャレなホテルになってるけど ふふふ」
へぇ~~牢屋を改造してホテルにねぇ 中、どうなってるんだろう?
塔の左側にある四角い建物、これも塔の次に古い建物だそう
そして塔の向かいにある建物は、2階部分が張り出して作られてます
昔はこうやって拡張していったんですねぇ

さて その先へ進みます
突き当たりを左に曲がると、右角にジェラートの有名店グロムが
結構並んでましたねぇ 試してみれば良かったかな

この道を行くと一気に視界が開けます
正面にはジオットの鐘楼がババーン!と

イタリア120.jpg

おっお~~迫力ある~
で、直ぐ右を見ると.....

イタリア119.jpg

花のサンタマリア大聖堂です
一緒に来ているお嬢様方が「うわ~~うわ~~うわ~~~スゴイスゴイ!!」と大感激中
うんうん 分かるわかる!
私も30年前、そうだったもん!!

イタリア121.jpg

対面にはサン・ジョバンニ洗礼堂
ここの扉が有名な天国の門です
前に来たときは修復中でしたが、今回はちゃんとはまってます(^_^)v
しかし、扉前は結構な人だかり
ま、いいや 後で空いてるときに見ましょう~~ と思い離脱
思えば、この時ちゃんと見ていれば良かった....
そう、すっかり忘れてたのです ワタシとしたことが(^_^;)

こちらでガイドさんとはお別れです
大聖堂のクーポラを予約してるメンバーはそちらへ走り
その他は自由行動となりました
もうお昼も過ぎているので、まずは腹ごしらえだね~どこへ行く?
と言うことで、ガイドさんもオススメしてくれた中央市場へ行くことにしました
ほら、なんたってフードコートですからね 楽でしょ?

私、ここで道を間違えてしま遠回りしてしまいました
本当はメディチ家礼拝堂の横を通って行くはずが、駅方向へ行ってしまいました(^_^;)
サンタ・マリア・ノベッラ教会前まで行って 間違いに気づくという...

イタリア127.jpg

この教会も時間が有れば行きたかったのですが...まあ次回チャンスがあれば行きます
ウニタ・イタリアーナ広場にあったモニュメント

イタリア126.jpg

この広場の脇を通り中央市場へ
市場前はズラ~~っと露天が出ていました
おっと、ここは気を付けないとダメね

市場に入ってすぐ目に付いたのがなんと「クロネコヤマトの宅急便」の旗
はははは 買って送るのは安心だわ
ひとまず 2階のフードコートに向かいます
2時近かったので空いているかと思ったら大間違いでした(^_^;)
出店数も結構あってどれにしようか嬉しく迷います
前菜と...パスタかな?やっぱり
旦那は他にも食べたそうでしたが、だったら自分で買いに行け!と
ホントにねー 旅行中こういうことで常にイライラしていた私でしたよ(-_-)
旦那に席を確保するよう指示を出し、私は調達

本日の昼食です
前菜

イタリア125.jpg

ジェノベーゼパスタ

イタリア123.jpg

ポモドーロパスタ

イタリア124.jpg


前菜、すっごく美味しかったのですが
イタリアのトマトって思ったより固かったのにビックリしました
日本の完熟トマトみたいな感じだと思ってたんですが、歯ごたえがあって驚きです
それにしても野菜のグリル、うまうま~~~~!!!
パスタも生麺だったのでもっちもちです(*^_^*)
パルミジャーノも「かける??」「もちろん!!」「よっしゃーー」ザバーッ!って感じで嬉しいのなんの!!
しかもすこぶる美味しいときたもんだ
うんうん、他のも試したくなってきましたよ~ でも悲しいかなお腹は二つしかないので入りません
こちらもまたの機会があったら是非行きたいところです

というか、力一杯オススメです!ここ!

さてお腹も一杯になったので観光に戻ります
大聖堂見学です
こちら、なんと聖堂内はタダです!!
中に入って振り返ると、大きな時計が
他の場所でもそうでしたが、古い時計は24時間表示が多いような気がします
そしてこの時計、逆回転です

イタリア131.jpg

ちょっと気に入ったステンドグラス

イタリア129.jpg

パオロ・ウッチェロのフレスコ画
ジョン・ホークウッド

イタリア130.jpg

ドメニコ・ディ・ミケリーノ
ダンテの神曲

イタリア132.jpg

右側に大聖堂と...ヴェッキオ宮?
一番奥にある中央祭壇

イタリア133.jpg

そしてドームの天井には最後の審判
ヴァザーリがリーダーになって作ったとか
勿論、天国は天井部分です

イタリア134.jpg

出口近くに地下へおりる階段がありました
何だろう?と思ったらショップがありました
階段の正面と裏側には古い基壇なのか遺構部分が見えるようになってます

イタリア135.jpg

さて外に出ましょう
折角なので裏側に回ってみます

イタリア136.jpg

イタリア137.jpg

本当に彫刻が見事です
なんで石をあぁも見事に彫れるのやら...

おっと結構いい時間経過してました(^_^;)
そうそうオルサンミケーレの壁にあった彫刻を見にいかないと!
こちらは元市場だったのを教会にしたと聞きました
うん、確かに教会っぽくはないかも
時間がないので、こちらも入場は出来ませんでしたが壁にある彫刻だけでも見学
商業組合がそれぞれ資金提供して聖人を作ったらしいです

イタリア138.jpg

イタリア139.jpg

イタリア140.jpg

歩き疲れたので、これまたガイドさんオススメのホットチョコレートを飲みに行くことにしました
シニョーリア広場に面したリヴォワールというお店です

イタリア141.jpg

イタリア142.jpg

クリーム付きと無しがあるのですが、この際だからとクリーム付きにしました

イタリア143.jpg

おおお~クリーム山盛り(^_^;)
が、しかし!
このクリームを付けて正解でした
ホットチョコレートは文字通りホットなチョコレートでかなり濃厚
それをこのクリームが中和してくれるのです
濃いけどすっっっっっっっごく美味しかったです
期間限定とのことで、ギリギリ飲むことが出来ました
こちらもめっちゃオススメです(^_^)v

カフェの向かいにあるスペッツィエリエ・エルボリステリエ・パラッツォヴェッキオ

イタリア144.jpg

メディチ家のホームドクターが作った薬局です
可愛いお店で、入ると奥に自家製ハーブソープがずらりと並んでいます
しばし眺めていると店員さんが石けんの説明をしてくれました
なるほど、顔専用とか全身OKとかあるのね
ワクワクしながら迷ってお買い物
石けんは素敵なオーガンジーの袋にラッピングしてくれました
店員さんも親切だしとても良いお店でした

そうだ!ポンテベッキオ行きましょう!!

イタリア145.jpg

随所に歴史を感じます

イタリア146.jpg

イタリア150.jpg

橋からの眺め

イタリア147.jpg

ここでもLove Locks
う~~ん....

イタリア148.jpg

橋の上にはヴァザーリの回廊

イタリア149.jpg

橋にあるお店は貴金属店なので全く私には縁がありません
でも、見てる分には綺麗でいいかも

橋の手前の道路ではパステルで直接地面に絵を描いてました
あ!これ1日だけってやつよね?
うわ~~上手いなあ

イタリア151.jpg

古い建物なのに1階は新しいお店になってます
不思議とマッチしてます

イタリア152.jpg

さあ集合時間となりました
ホテルに向けて出発です
本日のお宿はこちら

イタリア153.jpg

コンパクトに納められたお部屋ですが
地上階なので重い荷物を持って階段を上がらないのが嬉しいです

イタリア154.jpg

イタリア155.jpg

イタリア156.jpg

ここ、何よりバスマットがありました
良かった....

今日は夕飯をホテル隣にあるカルフールで調達
ついでに会社に持っていくお土産もgetだー!

サラダ買って生ハム買って..チーズ....と思っていたら添乗員さんが
「チーズ買います?....(モツァレラ持ってるのを見て)オススメのがあるんですけど..」
え?オススメ?そりゃ興味有りますよ!なになに?どのチーズですか??
「これ、前に食べたときそりゃあ感激したんですよーーー!!
こんな美味しいチーズがあるのか!って あ..でも、ちょっとお高いですけど」
いやいや そんなの問題ないです!
で、オススメされたのがブッラータというチーズ
よしよし、いいもの教えて貰えたわ~~とルンルンしながらホテルへ帰りました

こちら、本日の夕飯です

イタリア157.jpg

パックに入っているのがブッラータです
開けます!

イタリア158.jpg

あ!これ もしかして
モツァレラで包んであるやつ??
気になってたけど買ったこと無かったあのチーズ?
うきゃ~~~~これかーーー嬉しい!!
そのままでも美味しいー
塩と胡椒かけても美味しいーーーー
うわ もう 幸せ~~~~(≧▽≦)
いいチーズを教えてくれた添乗員さん、感謝感謝!!

さて 明日はウフィッツィ美術館へ行きますよ(^_^)v
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【3】 [旅行 海外]

2日目、朝8時ミラノからヴェネチアへ移動です
食事はコンチネンタル
それでも、スクランブルエッグ、ハム2種類、ソーセージのケチャップ炒めっぽいやつ
ヨーグルト、シリアル、パン+袋入りクロワッサン、オレンジジュース、ビタミンジュース、コーヒー
と、予想以上に種類も豊富にありここぞとばかりに胃に詰め込みました(^_^;)
(クロワッサンはさすがに食べれきれなかったので非常食として持ち帰りです)

さて一路ヴェネチアへ向けて出発です
...気づいたらおトイレ休憩でした(^_^;)
あら?
パーキングでピクニックしてる家族がいる??と不思議に思っていたら
「あれはジプシー(ロマ)なので近づかないように!!」と...
分かりました!
まあ、向こうさんも楽しく食事中ですから近づかないですよ(^_^)v

トイレ休憩の後は、もうヴェネチアまでノンストップです
暫く走ると海が見えてきました
そうそう、道路と平行に海の中に杭が何本も連なってるのが見えます
何だろう?と思っていたら、その杭に沿って船が進んでいきます
あ!なるほど!道か! こりゃ新鮮

ヴェネチアへ行くにはバスじゃ行けません
徒歩かヴァポレットという水上バスをつかいます
が、今回はツアーの人数が多かった+全員水上バスを使う=船をチャーター
往復で一人10ユーロ 安い!しかも早い!
そう、結構ぶっ飛ばしてます
大丈夫か?(^_^;)
飛ばしてもサンマルコまで15分程掛かったでしょうか?
騎馬像の先にある桟橋で下船
その後全員でサンマルコ広場まで歩きます

イタリア61.jpg

サンマルコ広場です!
森川さんのマンガを読んでからずーーーっと来たかったサンマルコ広場です!
きゃぁぁぁぁ~~来たぞ!来たぞ!ホントに来たぞーーーー
一人静かにテンションmax状態 はははは

イタリア62.jpg

広いです
ほんとーーーに広いです!
ムダに叫んで走りたくなる衝動を抑えながら(←アブナイやつ)
とりあえず、旦那を連れて時計塔からリアルト橋方向へgo!

イタリア63.jpg

細い道
本当に細い道
だけど両側にお店がぎっしり

イタリア64.jpg

所々に小さい橋があり、ゴンドラの船頭さんが「乗らない?」と誘いますが
今回は乗りません!時間有りません!

イタリア65.jpg

要所要所に「リアルト橋→」などと表示が出てます

イタリア66.jpg

これは有りがたい!
迷子にならずに住みます
他にもサンマルコ広場→とか出てるのでメジャーな場所へは迷わず行けます
これがないと正直、道が入り組んでいてどこを歩いているのやら?って感じになるかも

イタリア97.jpg

リアルト橋は...橋の上はお店なんですか
大理石の大きい橋、ってだけじゃなかったんですね
橋のたもともお土産やさんがズラーーーと
始め、橋に着いたのかどうかも分かりませんでしたよ(^_^;)

イタリア67.jpg

イタリア68.jpg

お店の裏に回ると...
うん、橋ですね

イタリア69.jpg

橋から運河の眺め

イタリア70.jpg

あ~~肝心のリアルト橋

イタリア71.jpg

逆サイド

イタリア72.jpg

その逆サイド側橋のたもとから見た対岸

イタリア73.jpg

そう言えば、同じ品物でも広場よりこっちの方が安いと言われてました
どれどれ....うん、確かにそうかも
ならば...と、色々と物色
橋の上にあったお店で、仮面のミニチュアを買いました
店員さんのお姉さん、日本語で頑張って応対してくれて有り難う!

さて、お昼どころか1時もとうに過ぎていたのでランチにしようということになり
さて どこへ行こうか?と悩んで橋の周辺をグルグル
結局、運河沿いのお店に入ることに
私はラザニア+魚介のフリット(この日はイカでした)+サラダ添え

イタリア74.jpg

イタリア76.jpg

旦那はペペロンチーノ+チキンのグリル+サラダ添え

イタリア75.jpg

イタリア77.jpg

注文してから、海の町なのになぜ魚介のパスタを頼まなかったのか!と後悔
でもでも、出てきたメニューは美味しかったので良し!
イカのフリット、イカが柔らかくて美味しかった~~~~~

さて お腹も満足したのでサンマルコ広場に戻りましょう
途中、チーズ屋さんを発見
帰りがけに買って帰ろうね♪

さ、次はサンマルコ大聖堂です
鐘楼に登ってる時間は無いので、今回はパス
大聖堂の中だけ見学してきました

イタリア78.jpg

イタリア79.jpg

正面のアーチには「栄光のキリストと最後の審判」
その上、4つのアーチには聖人マルコの遺体をアレキサンドリアから運び
サン・マルコ寺院に運んでくるエピソード、が描かれているそうです
中はビザンチン様式で飾られていて金ピカです
床のタイルも色々な模様があって綺麗です

さあ次はお待ちかねドージェ宮の見学です!

入場料は19ユーロ、結構します
が行くのです(^_^)v

イタリア80.jpg

チケット売り場を出ると中庭に出ます
広い!!

イタリア81.jpg

振り返ってみます

イタリア82.jpg

中庭の奥に2階への階段があります

イタリア83.jpg

階段上の装飾がこれまた凄いんだ!

イタリア84.jpg

2階から中庭の眺め

イタリア85.jpg

2階の壁面に...かつて穴だけが空いている2カ所にも彫刻が施してあったんでしょうか?

イタリア86.jpg

さ、上に上がります!いざいざー!

イタリア87.jpg

階段の天井だってこれですよ
もう、凄すぎて口空きっぱなしです(^_^;)

イタリア88.jpg

勿論、廊下の天井だってお部屋の天井だって、勿論壁面だって見事な装飾で飾られています

イタリア89.jpg

イタリア90.jpg

イタリア91.jpg

イタリア92.jpg

イタリア93.jpg

イタリア94.jpg

最後に牢屋...だったと思います

イタリア95.jpg

イタリア96.jpg

最後の方は係員に、閉館時間だから出て!と急かされながら見て歩きました
当然、写真もガンガン撮ったんですが、そこは急かされてる身
もう、殆どがブレブレで「これ、何だったっけ?」状態で...(^_^;)
まあ、また機会があれば来いってことよね うんうん

ドージェ宮を出るともう夕方

イタリア98.jpg

広場にはユーロ旗、イタリア国旗、ヴェネチア旗が掲揚されているのですが
何やら掲揚塔にハシゴを掛けて軍人さん達が集まってます
ん?なんだろう?
あ!国旗降揚か!!
日没とともに行われる模様です
折角のチャンスなので見学させて貰いました
いいもの見れた~~~(*^_^*)

そうそう、広場入口には2本の石柱が立ってます
左が有翼のライオン、右が守護聖人テオドロスだそうです

イタリア101.jpg

イタリア102.jpg

集合時間が近づきました
まずい!夕飯食べてる時間がない!!
と言うことで、先ほど見つけたチーズ屋さんでブリーとパルミジャーノを買い
近くのお店でパニーニとフォカッチャをロールサンドを買ってホテルで食べることにしました
さあ集合場所へ戻りますよ
帰りもチャーターした水上バスで戻ります
楽しかった~~~ 

次にバスに乗っメストレ地区へ移動
今日のホテルはメストレ地区にあります
可愛いホテルです(*^_^*)

イタリア103.jpg

イタリア104.jpg

イタリア105.jpg

イタリア106.jpg

トイレの位置がドアの直ぐ脇だったのがちょっと使いづらい感じでしょうか?
まあ、閉めちゃうから関係ないか
シャワーブースはミラノと同じくらいの広さ
やっぱり腕を動かすとガツガツ壁に当たります(^_^;)
が、湯量が安定してるのは有りがたかったです
(ミラノは、旦那が後から入ったら途中から冷たくなったということでした)
ベッドが一瞬、ダブル?と思ったのですが
ただ単にシングルがくっついているだけでした ホッ

さて 明日も早いのでサッサと寝ます
明日はフィレンツェです


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【2】 [旅行 海外]

イタリア1日目ミラノに到着
荷物を受け取り(出てきてホッ!)ツアーバスに乗り込みます
この先、このバスが移動手段です
楽です
乗れば確実に目的地に連れてってもらえるなんてすっごく楽~~
しかも、席にはUSBが付いていて充電OK!
これはー!!これは何より便利です~~
カメラの充電が出来るー!(予備電池無かったので大助かり)

うきうきしながら着いたのはスフォルチェスコ城

イタリア27.jpg

うぉ~~~懐かしい!そうそうこれこれ!!
外周を回って噴水まで行き、そこからスカラ座に向かいます

イタリア26.jpg

スカラ座...見たけど余り印象が残って無くて
しかも、ドゥオモの向かいだと勘違いして覚えてまして(^_^;)

イタリア28.jpg

あら、人の記憶ってあてにならないわね
まあ、それにはちょっとした理由もあって....
前に来たとき、この場所でカメラを落として使えなくなってしまい
この後は全て覚え...てられるハズもなく(T_T)
今回はそう言う点からすればリベンジ!
そう リベンジ!!
ガンガン写真撮るわよーー

そしてヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア

イタリア29.jpg

ここは何となく覚えてました
が!「かかとを付けてぐるっと回る」??
30年前にも言われたかしら?
とりあえず、やるべきことはやっておきましょう(^_^)v
くるっとな!

イタリア30.jpg

床の模様も素敵だし、天井も素敵だし
完璧なお登りさん状態でキョロキョロ
そして写真バシバシ

イタリア31.jpg

イタリア32.jpg

イタリア33.jpg

ガレリアを抜けるとドゥオモ広場に出ます

イタリア34.jpg

イタリア35.jpg

添乗員さんから「荷物、注意してくださいね!!」
あ、そうでした そうでした
「色々売りつけてきますが、無視!手に取っちゃダメ!」
はい 分かりました
おぉ~時代が変わったのね
自撮り棒を売ってるのかーへぇ~

あ、そうそう
今回すっっっっっごく目に付いたのは小銃を持った軍人さんと警備の車
そして警察官とパトカーと警備員
もう、至る所に配置されていて、見回ってる人も沢山いました
一瞬、見慣れないとギョッとしそうなのですが
彼らのお陰で安心して見て回れたような気がします
旦那は興味津々でしたが、写真ダメ!と言われてちょっとガッカリ(^_^;)
それと、教会とかに入場するときは金属探知器で調べて荷物検査もする厳重さ
テロ対策とはいえご苦労さまなことです

ここまで来たらドゥオモにも入りましょう
え?入場料いるの?あらまあ
まあいいでしょう3ユーロね
セキュリティーチェックを受け、いざ入場

イタリア36.jpg

イタリア37.jpg

うわ 広い!
サン・ピエトロ寺院に次いで2番目の広さを誇るだけあります
入ると巨大な石柱がまず目に入ってきます
何本だったかな...52本だったかな...
かなり存在感があります
さすがゴシック建築

イタリア38.jpg

そしてステンドグラスがすごーーい
入って両脇にあるのは細長いもの
聖人の物語なのかな?

イタリア40.jpg

あ、受胎告知のステンドグラス発見

イタリア39.jpg

奥へ行くと立派なパイプオルガン
音を聞いてみたいです

イタリア41.jpg

イタリア44.jpg

その奥へ行くと壁面一杯のステンドグラス

イタリア42.jpg

これは見事だわ
その前に、尖塔の一番高いところにあるマリア像が...
今回は屋上に上がらないので、こちらでマリア像を見学です

イタリア43.jpg

床には色々な模様が...
これ、一瞬「タコさんウインナー?」と思ってしまいました
ごめんなさい

イタリア48.jpg

星座のタイルもありました

イタリア45.jpg

丁度マグノリアの花が咲いてるので、余裕が有れば見てくださいね♪
と、ガイドさんにいわれていたのを思い出し外に出て、裏に回ってみました
ホントだ!咲いてる咲いてる!!

イタリア49.jpg

見学してちょっと疲れたので休憩
ガレリアの中にあったSAVINIのジェラートを食べました
種類が色々あってなかなか決められないワタシ達
迷ったあげく、ティラミス味にしてみました
いや、美味しいったら美味しいったら!!!(*^_^*)

イタリア50.jpg

イタリア51.jpg

さて 集合時間も近づいて参りました
とりあえずトイレも兼ねてショッピングセンターへ行ってみましょう
...オシャレです
完全に場違いな感じの私たちです マイッタネー(^_^;)
2階がキッチン用品売り場だったので、ちょっとウインドーショッピング
なんて思っていたのに、なぜかブカッティのカトラリーを買っていたダンナ
娘のお土産、ということでした
これがね、帰国後早速使ってみたんですが!

ものすごく いい切れ味!

う~~ん やっぱり私たちのも買ってくれば良かったかしら?
ま、次行くことがあれば買いましょうかね

そんなこんなであちこち見ていたらいつの間にか集合時間近くに
あわわ~ 失敗!夕飯食べる時間がなうなっちゃいました!
まあ、今日は着いた初日だし、買って帰ってホテルで食べましょう
スフォルチェスコ城近くのパン屋さんでピザやパンを買って帰りました
見た目よりボリュームが多くてビックリ!で、しかも美味しかったです(^_^)v

集合場所はおりた場所と同じ所です
ライトアップされたスフォルチェスコ城を見ながら向かいます

イタリア52.jpg

イタリア53.jpg

イタリア54.jpg

イタリア55.jpg

イタリア56.jpg

出入り口の所は当時のままという話でしたが
...映画みたいです
本当にこういう入り口だったんですね
上から柵が落ちてきそうです あわわ

さて今日のお宿はホテル セント ジョン

イタリア57.jpg

2階のビビットな赤いお部屋でした
エレベーターが1基しかなく、しかも3人+荷物でギュウギュウ
待ってる時間ももったいないので階段で上がりました
1階分ならまだ何とかいけます(^_^;)

お部屋は綺麗で過ごしやすかったのですが、コンセントが少ない!
今回、万が一ってことでUSBポートを持っていったのですが
これが正解!
二人分の携帯にタブレット、カメラも充電しなければならなかったので
持っていって良かった...と本当に思いました
海外旅行にはあるととても便利ですよ(^_^)v
あと、ポットも持っていきました
紅茶やお茶も飲みたくなるので、ワタシには必需品です
これも正解!

イタリア60.jpg

イタリア59.jpg

ドライヤーは備え付けのモノがありました
こちらは風量もそれなりにあるドライヤーだったので使い勝手は良かったです

イタリア58.jpg

が...
あれ足ふきマットがないんですけど??
どこ探してもありません
一つ、もしかしてこれ?と思うものはあったんですけど
何というか...テーブルクロスに使いそうな生地なんですよ
あってる?これで合ってるの?

でもって、シャワー
いや~~~狭いです(^_^;)
しかもシャワーは高いところで固定されてまして
ワタシ、洗髪してて溺れるかと思いました....
腕を動かそうとすると壁?にガンガン肘ぶつけるし
まあ、あるだけ有りがたいんですけど...う~~ん(^_^;)
とりあえずサッパリしてお休みなさい
明日も早いですからね♪

あ、そうそう
朝起きてテーブルを見たらアリだらけだったのにはビックリしました
なんで?甘いモノは食べてないんだけど?
どこから入ってきたのかしら?(^_^;)

さて翌日はベネチアですよ
森川さんのマンガを読んで、一度は行ってみたかったベネチアです(*^_^*)

つづく


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【1】 [旅行 海外]

6年ぶりの成田空港
すっかり忘れてます(^_^;)
一度ツアーデスクに集合、その後荷物預け&チケット受け取り、そして出国審査
搭乗は指定されたゾーンごとです(チケットにゾーンが指定されてました)
事前に係員がチケットを見て「はい、こっち、はいあっち」と振り分けていきます
このシステム、いいんじゃない?

席に着くとブランケットとクッション兼ネックピロー、ヘッドフォン&アメニティが置いてありました
クッションは真ん中にスリットが入っていて、そこを切ればネックピローになります
アメニティはアイマスク、耳栓、靴下、歯ブラシあ入ってます
靴下が入ってるーーー!

イタリア3.jpg

イタリア25.jpg

シートデスクには英語とアラビア文字の表記
ライブベストは下とか座ってるときはベルト着用とかかいてあるみたいですが
アラビア文字はまっっっっっっっっっっっったく分かりません(^_^;)

イタリア2.jpg

モニターには必ずメッカの方向、メッカまでの距離が表示されてました
実は、行きはロケーションマップが全く表示されず、帰国便で表示内容が確認出来ました

イタリア1.jpg

驚いたのはクルーの方々が話せる言語の種類が多かったことです
8カ国語までは分かったのですが、他にも何種類かアナウンスしてました
すごいな~~色々な国から採用してるのねー
そして、何より嬉しかったのは機内で充電が出来ることです!
USBはもとより、日本のコネクタも使えるのです!
これは凄いことです!

さて 機内でのお楽しみは映画、ゲーム、音楽....それと食事!
ってことで機内食です
私はスパイシーチキン、クスクスのサラダ...でいいのかな?
ご飯の下にスパイスの利いたチキンが入ったモノです
美味しかったー!もっとスパイスバリバリかと思っていたのですがそれ程でもなく
適度にピリッとしていて美味しかったです

イタリア4.jpg

旦那はビーフ
洋食か?と思ったら和食でした
高級な牛丼って感じだったそうですが、牛肉が柔らかくて美味しかったそうです

イタリア5.jpg

ライスデザート...普通に甘くて美味しかったです

カトラリーが金属製でした
欧州系のエアラインだと最近はプラスチック製のものになってしまいましたが
こちらはなんとエアライン名が入ったものを使ってました
(乗り継ぎで使ったアリタリアはプラスチック製でした)

イタリア6.jpg

朝食ではソーセージとオムレツ、ポテト(かなり塩がキツかった)

イタリア7.jpg

そうこうしているうちにアブダビ到着
約10時間のフライトです
現地時間朝の4:45、まだ暗い....
沖留めだったんでターミナルまでバス移動です
機外に出た時、思わず「ぬるい!」
砂漠なので寒いのかと思っていたら、ぬるかった(^_^;)

イタリア8.jpg

アブダビでは5時間ほどのトランジットでした
まあ、実質自由時間はもちっと短いのですが...
とりあえず、空港内見学をしてみました
中心にあるのは、よく紹介でみるこれ

イタリア9.jpg

イタリア13.jpg

木?
そして面白いのがレゴで作ったラクダ
結構人気があった模様で、写真撮られてました

イタリア10.jpg

お土産屋さんも当然アラビア風

イタリア11.jpg

空港内表示も、もちろんアラビア文字

イタリア14.jpg

イタリア12.jpg

コーヒーとケーキを食べてまったりしたあとミラノに向けて出発です
奥に見えるビルディング、あれは何だったのだろう?

イタリア16.jpg



F1のスペシャルマーキング機もいました

イタリア17.jpg

当然ながらエティハドの機体がズラーーーっと並んでます

イタリア19.jpg

離陸して....眼下には砂漠が広がってました
砂漠だ
砂しかない

イタリア20.jpg

今度は使用期待とクルーはアリタリア航空となります
そうそう、クルーの方々ですが、女性は一人だけでした
後は全員男性クルー!
男性だからなのか、若い女性客には必ず声かけです
おもしろい!!!
女性クルーと違い、やることは大雑把な感じなのですが逆に親しみやすい感じがgoodでした

お腹はそれ程空いてないのですが、食事の時間です(^_^;)

イタリア21.jpg

オムレツ、は分かったんですが ボール状のもの
これはポテトなのかな?
これまた塩がキツかったですー(T_T)
しょっぱいしょっぱい!!
ここまで、総じて塩味が濃かったです

アリタリアになってやっとマップが出たので嬉々として眺めてました
途中、なぜそこで不自然に曲がる?とか思う所もあったり
真っ直ぐ飛べない何かがあるんでしょうねぇ 政治的なものとか?

イタリア22.jpg

そして、ミラノの直前で軽食が...

イタリア23.jpg

中身はツナです
普段炭酸は飲まないのですが、なぜかコーラを注文

窓からは遠くに山々が見えます

イタリア24.jpg

さあ、ミラノまでもう少しです

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア 行った!見た!食べた!【序】 [旅行 海外]

ひさっっっっっっっびさの海外旅行
備忘録を兼ねて、こちらも久々にブログup頑張ってみようかと思います
今から言っときますね
ちゃんとupすれば結構長くなりますよ~
って途中で挫けないようにしないとね(^_^;)

~~~~~~~~~~~~

約30年ぶりにイタリアへ行って来ました
前回の印象はそれ程残ってないのですが(^_^;)
(なにせ、着いて早々ミラノでカメラを落として壊してしまったし...)
その分と埋めるべく、今回はジブン的に行くトコ盛り沢山です!

さて ダンナも一緒だったって事と、イタリア周遊となると個人では無理なので
今回もイタリアへは添乗員同行ツアーで行ってきました
これは正解!
短期の周遊なので、日程的にはかなりハードだったのですが
やはり添乗員さんがいるのは心強いものがありますよ!うん!
ツアーなので、行く直前まで利用航空会社もホテルも分かりません
しかも、今回は利用航空会社はアラブ系
はて?アラブ系の飛行機ってどうなのやら??
全く見当も付かないので、一応HPでチェックチェック
ん?あら?いいかも....?
エミレーツ、エティハド又はターキッシュのどれかを利用だったんですけど
これなら第一希望エティハド、第二希望エミレーツってとこかな?
乗り継ぎならドバイかアブダビ...ちょっとドバイは気になるけどアブダビでもOK
うわ!エティハドのファーストクラスってば、なにこれーー!
オイルマネーには勝てないですね(^_^;)

結局、往復エティハド航空利用のアブダビ経由となりました
よっしゃー!初めてのアラブ首長国連邦だぜぃ(空港内だけですが)

ホテルは...地図で見ると結構中心地から離れてます
が、いいんです!バスツアーですから
ただ、最終日ローマは終日フリー観光
しかも、午前中にバチカン美術館のオプショナルツアーに参加
8:30集合...ホテル最寄り駅まで徒歩20分 電車乗り継いで1時間ちょと
う~~~ん 一人ならまだしも旦那付き う~~~ん
ホテル前からバス移動...だけど月曜の朝...時間が読めない
こうなったら最終手段、タクシーか
uber登録してみるか?←安心だし使いやすいよ!って話なので
うわぁぁどうしようどうしよう~~~~と悩みに悩んでいたら
「バチカンツアーの為にホテルからバス出します」とのこと
「ホテルを6:30出発で途中の共和国広場までですけど..」
いいですいいです!そこまで行けば後は集合場所のチプロ駅まで地下鉄で行きます!
ありがたや ありがたや 無事解決(^_^)v

後はwifiの申し込み
ホントに便利な世の中になったものです
イモトのwifiとかガンガンコマーシャルされてくるのですが
今回はWi-Ho!さんを利用
4G回線だったのと、各種割引が効いてイモトより安かったのでこちらに決定
空港受け取り&返却で楽々安心でした

そして、ユーロに換金
あれ?なんか手持ちのと違うお札がきたよ?
......え 紙幣デザイン、2014年に変わったんだ! え?使える?使える?
.........よかった 使える~~~~
  ↑ 以前、知らないで英ポンドをチェンジし損なった前科持ち

よしよし
パスポート持った
ユーロ持った
wifi手配した
あとは.....
そうだ、やっぱりウフィッツイの予約したほうがいいよね
   (検索)
手配をお願いすると高い!(当たり前だ)
オプショナルツアーに参加する時間もない(実質4時間弱)
よし、自分で手配だ
大丈夫、HPは英語もある!!
まあ、検索すれば沢山「予約の仕方」って出てくるので、その説明通りにやればOKです
後は予約時間
8:00フィレンツェのどこか(これが当日じゃないと分からない)に到着
そこから美術館までの所要時間が不明
それ以前に、8時に着けるのかも不安定要素
う~~ん余裕を持って8:45~9:00発券
これでいけば見学時間が2時間半(これが最長)
よし、これに賭ける!えいっ!ポチ!・・・・・・完了(^_^)v
準備万端整いました

さあ出発!
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 旅行 海外 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。