So-net無料ブログ作成

百里基地航空祭 [プチお出かけ]

今回は初めて自力で行ってみました
が、交通費が...(T_T)
いつも利用する地元のバスツアーは格安だったんだな~と再認識
なぜ今年は企画しなかったんだよぉぉぉ~~

百里55.jpg

さて今回は梅組さんがラストって事で百里を選んだわけですが
築城は初めから日程的に無理だったので、実は岐阜にしようか迷ってました
しかし迷ってる間に日が迫り、結局百里へ
と、なぜこんな事を書いているかというと

イマイチだったんだなあ 百里(T_T)

まあ、それはそれでまったりしていて良かったんですけど
まったりするのが目的じゃないんでねぇ
う~~ん まあ、そんなところで恒例のボケボケ画像と共にいってみましょう!
レッツゴー!

百里39.jpg

明け方は風がもの凄くて、果たして飛べるのか?状態だったんですが
着いてみたらお天気も良くて暖かくて(というか暑くて)良かったです
まずはオープニング

百里340.jpg

百里40.jpg

そっか、去年は観閲式だったから航空祭なかったよね
二年ぶりの百里か~一昨年みたいな天気じゃなくてホント良かったです
あ、早々話題になってた青ファントム...ってどこだ?
しかし、列線を探すもいない、う~どこどこどこ?と思ったら
一番奥にいました
なんだ、記念塗装機なんだからもっと全面に出せばいいのに

百里41.jpg

とりあえず確認出来たのでトイレへgo!
しかし!その間に編隊飛行が....
とりあえず、通り過ぎるところだけでしたが見ることは出来たので一安心

百里42.jpg

救難ペア

百里43.jpg

梅組さん

百里44.jpg

F-4は着陸の時にパラシュートを開くので、その瞬間がワタシ、好きなんです~(*^_^*)
遠いんですけど、見れて嬉しいぞー

百里45.jpg

百里46.jpg

F-15の着陸

百里47.jpg

飛行がか~な~り~大人しかったので(←こじつけではありますが)
兼ねてから乗ってみたかった観覧車に今年は挑戦ですっっ!
おこちゃま達に混ざって並んでみました(^_^)v

乗るのはイーグルかな?

百里48.jpg

よく見ると、ちゃんと「一撃必殺」とあります
細かいなあ

百里49.jpg

乗れるのはブルーかな??
...ブルーでした~~~(*^_^*)

百里50.jpg

展示機の後ろをぐるっっっっと一回り
来場者を眺める、なんてのは初めての事です
こりゃ見晴らしいいぞ~~

百里53.jpg

丁度、U-125Aが着陸して滑走してきました

百里51.jpg

んん?記念塗装してある??

百里52.jpg

おやおやおや
じゃあUH-60Jにも??

百里54.jpg

ありました
ありましたが....写真には文字しか写ってなかった...(^_^;)
あ~~~なんてバカなんだワタシ

大人しい感じの飛行だったとは言え、戦闘機を見るのは去年の那覇以来
これはこれで見れてとても楽しかったです
来年はもう、関東ではF-15は居ないんですねぇ
仕方ないことですが、やっぱりサビシイです

nice!(0)  コメント(0) 

なんだろう?? [旅行 国内]

先週、函館に行って来ました
んで、初めて立待岬へ行ったんですが...
遠いのかと思っていたら意外と近くてビックリ
お茶している時に、隣に座っていたオクサマが
「立待岬へは行った?ここからなら歩いていけるのよ~20分ちょっとよ」
と教えて貰い、まだ2時前だしその時間で行けるなら....よし!行く!
うん、確かに近かった(^_^;)
途中、墓地の中をズンズン行くのがちょっと「道、あってるのか?」と不安でしたが
まあ、案内板も有ることだしgogo

立待岬1.jpg

お天気がとっても良くて見晴らしバツグン!

立待岬2.jpg
立待岬3.jpg

まあ、色々と聞く場所だったりしたんで写真を撮るのもちょっと考えたんですが
ワタシはそんなの呼ぶような体質じゃないし、ま、いいだろ と思って撮ってました
良かった、何も異常はなかった(^_^;)
そうそう、ここのトイレ
入ると目の前にその手のご案内というか呼びかけというか
ま、そんな様な掲示があったりして..
うん、なるほど やっぱり噂通り多いのかと思ってみたり....

景色を堪能した後は、近く(でもないけど)どうせ来たのだから碧血碑を見て帰りましょう!
岬からまた登り坂をえっちらほっちら登っていきます
みんな車で来るらしく、歩いてる人なんぞ居ません はははははは
が、歩いているからこそ見える風景もあるわけで
で、これ
途中、なんか不自然にあるどう見ても人工物のこれ
一体なんなんでしょう?????

立待岬4.jpg

立待岬5.jpg

そう言えば他にも井戸みたいな丸いコンクリの何かみたいなのも有ったような気が...
これ、なんでしょうねぇ
もし知ってる方がいらっしゃったら教えて頂きたく!!

時間があったら、この途中から別ルートで行くトレッキングコースにも行ってみたかったのですが
なにせ靴も普通の靴だったので山道を歩くにはちとキツかったので止めましたが
チャンスがあれば登ってみたいなあ きっと景色良いんだろうなあ と思いました
と言うことで、こちらのルートはまた次回

さ、えっちら歩いてやっとこさ碧血碑に到着です
当然 誰もいません
が!来る人は結構いるんでしょうか?
碑の前にある東屋には書き込み自由なノートが置いてありました

立待岬6.jpg

裏面にある漢詩

立待岬7.jpg

読めません(^_^;)
なんだろう?何が書いてあるんだろ??
....wikiにて調べ中...
「明治2年、此の事は実際にありました。山上に石を建てて悲しみの気持ちを表します」
うん、分かったようなでも良く分からないような(^_^;)
とっても遠慮がちに記してみました、というのはよく分かるんですけど

帰りは別の道を通ったんですが
降りたらすぐ人家の脇に出まして(^_^;)
山から行くとすっっっっっっごいサビシイ山道だっただけに
あれ?こんな人里近くにあったんだ、と なんか拍子抜けというか何というか(^_^;)
でも、行けて良かったです
これで函館の土方さんスポットはコンプリートかな?




nice!(0)  コメント(0) 

え?パスワード? [雑記]

i-padを買ってみました
sonyのタブレットはほぼ娘のものになってしまったので(T_T)
いろいろ迷ったんですが...sonyだとワンセグが使えるんですよねぇ
旦那だとこの昨日が一番嬉しいだろうし
でも、動画とかゲームだとipadの方がいいだろうし....
で、結局ワタシのiphoneとセット割りが効いたipadに決定
早速、帰ってから諸々設定するも
何気に毎回つまづくのは

パスワードを入力してください

これですよ(^_^;)
入れる→違います
え?じゃあこっち?→違います
あ?もしかして大文字なってる?→違います
う....
もしかするとこれ?→違います

「パスワードを忘れた方」

クリック....したら再設定かーーーーー
だめだ
これ以上増やすわけにはいかん(-_-)

う~~ん
う~~~~~~~~ん
メモも無いし、一体なんだったっけ??? ←今ココ(T_T)

最近、「覚えさせますか?」ってトコに気軽にチェック入れちゃうものだから
いざ、何かあった時にまっっっったく思い出せない訳で
ちゃんとメモしとけよ!って事なんですけど....
いや、してあるはずだったんですよ、絶対、どこかにある、ハズ
多分 たぶん たぶん... 

と言うことで、メール設定頓挫してます
いいんですけどね、別にメール設定しなくても
えぇ iphoneあるし そっちでメール受信するからこっちは必須って訳じゃないし
いつか、思い出したら設定すりゃいいわけだしぃ~~~~~

しかし...
何となく敗北感
くっそう!!

nice!(0)  コメント(0) 

平等院鳳凰堂 [旅行 国内]

こちらは初めてじゃないんですが(^_^;)
TVの番組で「瓦の修理時に、古い瓦を一つに纏めました」と住職が言ってて
え?そうなの?じゃあ見に行かないとーー!と思ったのと
「鳳凰堂西面扉新造復元 特別展示」をやってるとニュースで知って
うん これはもう混んで居ても行くしかないでしょう!と思ったのとで再訪決定

平等院鳳凰堂
http://www.byodoin.or.jp/ja/index.html

平等院6.jpg

この日は宇治茶のスタンプラリーとかやってたのでとても混んでました
参道はまっすぐ歩けない感じ、とでも言いましょうか(^_^;)
いやいや 人出があるのは良いこと! うん

と言うことで、人出が多いということは拝観も待つわけで...
今回はお堂の内部見学はパス!
その分、鳳翔館で新しい扉などをじっくり見学です

まずは鳳凰堂
平等院7.jpg

いつ見ても綺麗なお堂です
修学旅行生も沢山来てたんですが、中には
「十円玉見るよ!十円玉!!」
「きゃはは~ ホントに十円玉と同じ~~~」
あはははは ま、いいですけどね(^_^;)

平等院8.jpg

目線を落として仏様を拝みます
後々、何でこちら側を高くしちゃったんでしょうねぇ

平等院9.jpg

ぴかぴかの鳳凰

平等院10.jpg

そしてTVで言われたとおり、古い瓦が集められてるのがわかりました
古い瓦は新しい瓦より白い、とのこと ほんとだーーーーー!

平等院11.jpg

思ったより、古い瓦は残ってるんですね

平等院12.jpg

そして展示されている新しい扉はこちらで↓確認

http://www.byodoin.or.jp/ja/news.html

極彩色でキレイでした
復元作業工程も展示されていて、見応えがありました
今の技術も凄いけど、昔の技術力の高さは目を見張るモノがありますよね
そして、その後は雲中さんをじっくり見学して、今回の旅行は終了です

このほかにも、嵯峨野は竹林を歩いたり天竜寺にも行きましたし
宝厳寺は拝観時間が過ぎちゃったので残念ながら外からしか見れませんでしたが
結構歩いて見てまわりました
いつもながら、つき合ってくれた友人のお陰で充実した旅行が出来ました
本当にいつもいつもありがとう!
そして、また次回!(^_^)v
nice!(0)  コメント(0) 

上賀茂神社 [旅行 国内]

下鴨の次はやはり上賀茂神社でしょう!

http://www.kamigamojinja.jp/index.html

行った日は境内でコンサートがある日だったようで
鳥居の先で入場待ちの列が出来てました

上賀茂1.jpg

ずんずん進んで二ノ鳥居まで行きましたが、その先はコンサートの準備中で通行止め
仕方なく社務所の前を通って行きます

上賀茂2.jpg

コンサート会場になっていた為か、見たかった立砂は無く...
えーーー上賀茂って言えばあの円錐の立砂でしょう(T_T)
これだけはちょっと残念!

上賀茂3.jpg

楼門は思ったより小さくて可愛い感じでした
桜の時期なら、この賀茂桜の木に楼門が映えるんでしょうねぇ

上賀茂4.jpg

参拝です

上賀茂6.jpg

こちらは落ち着いたお社です

上賀茂5.jpg

片岡舎

上賀茂7.jpg

こちらの鈴は、神楽で...良く巫女さんが持ってる鈴、に似てます

上賀茂8.jpg

境内の森
こんな森があったら毎日散歩に良いだろうなあ

上賀茂9.jpg

上賀茂10.jpg

上賀茂12.jpg

曲水の宴が行われるお庭

上賀茂11.jpg

校倉作りの倉

上賀茂13.jpg

参拝後は、行きに乗ったタクシーさんが教えてくれた神職さんのお宅訪問です
聞かなかったら、これなんだろ?って思っただけで素通りしちゃうとこでした
運転手さん、有り難う!!

上賀茂14.jpg

どうぞ、とあったので伺わせて頂きます

上賀茂15.jpg

いかにも..と言う感じの玄関先です

上賀茂16.jpg

玄関も広い

上賀茂17.jpg

お茶とお菓子を頂きました

上賀茂18.jpg

見にくいのですが、左奥に灯籠があります
そこの下が禊ぎをする場所となってるそうです
毎朝、ここで禊ぎをしてから神社に奉公へ行ったそうです

上賀茂19.jpg

庭に流れる水は、外の用水路から各神職さんのお家に引き込まれているそうです
なるほどね!
途中、石が置いてあったり壁に引き込み口が切ってあったりして
あれ?なんだろう?と不思議に思っていたのですが
そうか、そこから水を引き込んでたんですか

上賀茂20.jpg

参拝だけじゃなく、ここだからこそ!という見学も出来て
地元じゃこういう見学場所もないので、とても勉強になりました
nice!(0)  コメント(0) 

下鴨神社 [旅行 国内]

今回の旅行では初めて行くお寺を回る予定
2日目はまず、出町柳で友人と待ち合わせ
その足で「出町ふたば」さんに向かいます
朝から並んでるねぇ(^_^;)
栗のシーズン限定、栗餅を購入しました

下鴨10.jpg

近くの公園で頂きます

下鴨11.jpg

大きい栗がドーンと乗っかってるーー!
甘さも控えめで、これは確かに並んでも買う価値あるよね
美味しゅうございました

さ、腹ごしらえは済んだ!
いざ!初めての下鴨神社
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

なんか意外
住宅街に鳥居...え?もうここから?

下鴨.jpg

境内に入ると、そこは糺の森

下鴨2.jpg

下鴨3.jpg

森を抜けて鳥居が見えてきた...と思ったら、なにやら人だかり
よく見ると外国のメディアが沢山
はて?

下鴨5.jpg

聞いてみると、フランスの首相ご一行様だそうで
...首相...どなた?(^_^;)
う~~ん 宮司さんから説明を受けてる人がそうなんでしょうねぇ

さて 気を取り直して本殿へ向かいます

下鴨20.jpg


途中 見慣れないもの発見、なんでしょう?
解除所(お祓いをするところ)
ほほぉ~ こういうのは初めて見ました

下鴨7.jpg

八咫烏

下鴨8.jpg

神殿舎

下鴨18.jpg

中門に着いたところで...

下鴨6.jpg

ご一行様が見学中、暫し舞殿前にて待機

下鴨19.jpg

さあお参りしますよ

下鴨9.jpg

本殿にお参りしたあとは干支のお社にも忘れずにお参りです
丁度結婚式をやっている最中にお参りしたので
雅楽の音が聞こえている中での参拝となり嬉しい限りです


本殿の隣には大炊殿があります
今回は見学しなかったのですが、機会があれば....

下鴨12.jpg

御車舎にある牛車

下鴨13.jpg

お参りのあとは....みたらしだんご(^_^;)

下鴨14.jpg

名物のみたらしだんご
関東のみたらしよりちょっと甘めでしょうか?
美味しかったです

羊羹と、やはり季節のお菓子ということで栗餅

下鴨15.jpg

こちらもおいしゅうございました

nice!(0)  コメント(0) 

大覚寺 [旅行 国内]

二泊三日で京都旅行(*^_^*)
行きは丁度家を出る時がなかなかスゴイ雨風でして
合羽着て裸足にサンダル、バッグにはゴミ袋で雨カバー
なんて言う、おおよそ旅行に行くとは思えない格好で出発
でも、京都に着いたら...あら!まあいいお天気!
ありがたや~~ありがたや~~

さて、荷物を置いて向かった先は「大覚寺」
何気に嵯峨野(嵐山か?)は初めて行くところであります
うきうき♪

大覚寺
http://www.daikakuji.or.jp/

大覚寺1.jpg

大覚寺2.jpg

まずは宸殿
後水尾天皇より下賜された寝殿造りの建物だそうです
輿も飾られています
籠もそうですけど、こういう乗り物って乗り心地はいいんだろうか?とちょっと疑問
まあ、歩くよりは楽なことは間違いないんですけどね...

大覚寺3.jpg

ちょっと気に入っってしまいました
ふすまの取っ手なんですけど(^_^;)

大覚寺4.jpg

いいよねぇ こういうの大好き!

大覚寺5.jpg

半蔀部分には蝉の飾り金具

大覚寺6.jpg

狩野山楽による襖絵

大覚寺7.jpg

大覚寺8.jpg

裏...と言うのか...表と反対側にある部屋の襖絵も落ち着いていて好きです

大覚寺9.jpg

襖に付いていた鍵もステキです

大覚寺10.jpg

何度も言いますが、こういう風景大好きです!

大覚寺11.jpg

大覚寺12.jpg

五大堂の観月台から見る大沢池

大覚寺13.jpg

御影堂の裏側にある勅封心経殿
夢殿を模して作られています

大覚寺14.jpg

リボンというか紐は御影堂に繋がっています

大覚寺15.jpg

霊明殿

全てが赤い!
柱などが赤いのはよく見ますが、こちらは床まで赤い!
しかもピッカピカ!

大覚寺16.jpg

大覚寺17.jpg

欄干の御紋

大覚寺18.jpg

御紋はここだけじゃない!

大覚寺20.jpg

お天気が良かったので、緑が殊の外栄えます

大覚寺19.jpg

行った時に、四国八十八ヶ所お砂踏みというものをやってましたので
四国に行く機会もそうそうないので、有り難く体験させて頂きました
ありがとうございました
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。